リチャード 読書好き好き!

ブロガーリチャードの読書記録です。

【読書メモ】どうすれば愛し合えるの 宮台真司、二村ヒトシ

どうすれば愛し合えるの 宮台真司、二村ヒトシ

どうすれば愛し合えるの 宮台真司二村ヒトシ



二村さんと宮台さんが語る性愛の本。
この2人は上の2冊がおススメ。
 
本書はどちらかといえば宮台カラーが強い。
宮台さんはめちゃくちゃ頭がいいんだけど、僕には凄く読みにくく入ってこない。
読みにくいが内容はとても良かった。
 
よく、セックスは究極のコミュニケーションと言われるけど、それがどういうことなのかを理解しました。
相手の良いところを探り合うでは足りなくて「相手になりきる」状態が究極なんだと知りました。
 
例えばSMですが、S男にも2種類いる。
女をいたぶって征服感に快感を覚えるタイプ。
もう1つは、いたぶられている女に自分もシンクロして自分がいたぶりながらいたぶられているような感覚を覚えるタイプ。
前者はフェチ系のセックスといい、後者はフュージョン(融合)系のセックスとしていた。
 
自分の彼氏のタイプがどちらなのかは、事後のピロートークで「俺、どうだった?」と聞いてくるかどうかにある。
いかせよう、気持ち良くさせよう、あなたが一番と言われたいという承認欲求に目的があってセックスそのものの快感浸れていない。これをペニス幻想という言葉をあててるのが凄く面白かった。
 
フュージョンセックスに没頭てきた後によかったかどうかの質問なんて出ないのだ。
聞くまでもなくお互い良かったことが伝わるから。
 
セックスの時に相手の快感を自分に写すなんてこと意識したこともなかったから勉強になった。
そういうことが自然とできるようになるためにも、恋愛やセックスで自己肯定感をあげず、自己肯定感は自己受容によって上げる事を意識しないといけないと思った。
 
そんな素敵なセックスができるようになる時、相手と繋がれた感覚を覚えるのかもしれない。
 
性愛についての考え方がまた1つアップデートされた本でした。

読書は読むから聴く時代ですよ!

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

 

【読書メモ】大人男子超清潔感ハック 宮永えいと

大人男子超清潔感ハック 宮永えいと

大人男子超清潔感ハック 宮永えいと



実践的で役に立った。
スキンケアの大切さは勉強になった。
 
僕も、40を超えてシミ、しわが気になり始めたが、そうなる前の20代からのスキンケアが大事だし、40代でも50代でも次のステージに備えて遅くない。
綺麗なオジサンになりたい。
 
毎日の日焼け止めは本書を読んでこの夏から取り入れた。
最後まで読んだ今、オススメしていたBBクリームから取り入れてみようと思う。
 
最初は下手な化粧になるかもだけど、コツをつかんでナチュラルなメイクを目指したい。
髪型もカット以上にセットが大事なのだと改めて。
 
服も手持ち全部すてて買い換えたい。
スーツしごとじゃないけどスーツ着ようかなと思った。
 
あっちゃんのこちらの動画を合わせると、人間の見た目の破壊力て凄いなと改めて。
本業にも生かせるかもなこれはと考えさせられました。

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

【読書メモ】孤独とセックス 坂爪真吾

孤独とセックス 坂爪真吾

孤独とセックス 坂爪真吾



ここではセックスについては他社との関わりの象徴として語られている。
他者とコミュニケーションする原動力として性を捉えている。
 
筆者の体験から孤独への向き合い方、孤独だったときの心理状況を変えている。
 
末章がしびれる。
筆者は、NPOや商業活動を通じて、社会とつながるようになった。
社会とつながる存在になれたことで他者への攻撃や妬みがなくなった。
社会につながった後は孤独ではなく孤高と言える存在。
孤高は寂しい一人ぼっちではなく、孤高同士で惹かれ合う存在となる。
 
ソーシャルと繋がったあなたは他人からの義憤に反応しなくて良い。
それによってひとりぼっちになる事もあるかもだけどそれは孤独ではなく孤高だ。
 
孤独に押しつぶされそうな人への処方箋になる本ですね。

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

【読書メモ】社会という荒野を生きる 宮台真司

社会という荒野を生きる。宮台真司

社会という荒野を生きる。宮台真司

 

宮台さんの文章はちょっと僕相性悪いかも。
ページがすすみません。
やっと読み終わりました。
 ハッピーポジティブ教団に入信した今、こういう評論家視点の鋭いご意見みたいなのが入ってこないのかもしれません。
安倍政権がいかにアメリカにおもねっていたかなどは良くわかりましたが、鋭い指摘で変わっていく力ってそこが知れているような感覚を最近自分がもってしまっているのであんまり刺さりませんでした。
末章は「愛のキャラバン」の内容を手短にした話で面白かったです。
ジェンダー問題などもどのようないきさつがあったのかなど伺い知ることができました。

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

【読書メモ】自分を好きになれない君へ 野口 嘉則

自分を好きになれない君へ 野口 嘉則
大変ためになった。
インスタライブでしゃべった内容と重複もするけど、書籍にすることでより内容が頭に入りやすい。
特に境界線と言う概念は参考になった。
NOを言える関係こそが、自立した自己肯定感の高い大人だけが残っていく世界観。
おべっかなんていらないし、やりたくなければやらなくていい。
 
自己肯定感を上げるには自己受容が必要。
ストレスに対してはマインドフルネスが有効。
 
そんなことを伝える内容となっております。
なんだか生きにくい、気分にムラがある、そんなお悩みを抱えている人はぜひ読んでみて下さい。
内容を正しく理解できれば人生が変わると思います。
 
ここ最近読んだ本で人生が変わってきた感じします。
この本もとても良かったのでおススメです。
幸せになる方法なんて人類はすでに見つけていて、それらの原理を理解して実践するだけなんですけど、その信じるの部分が難しいのです。
こういう読書を重ねていくことで幸せな人生に近づけると思いました。
 

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

【読書メモ】なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか 二村ヒトシ

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか 二村ヒトシ

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか 二村ヒトシ
僕はこの本に女性観、恋愛観、家族観、人間関係、など色々な価値観を変えさせられました。
この本の前に野口 嘉則さんの自己受容と自己肯定感についての書籍を読むかInstaLiveの動画を観ると理解が深まりますのでおススメです。
近代社会は生育過程でどうしても心の傷ができてしまいます。
それは男女共に傷つくのだけど、男の方にはその傷をごまかすシステムが社会のほうに用意されているのに、女の方にはそれがない。
なので女の方がメンヘラを抱えやすい。
 
自分が受容できない、自己肯定感が低い、自分を好きになれない、この状態になるとどういうことが起きるか。
男からのストレートな愛情が受け取れなくなります。
自分への憎しみがあると、そんな自分のことを好きだと言ってくれる男の言葉に裏の意味を疑ってしまいます。
それはセックスがしたいから好きと言うのではないだろうか、何か目的があるのではないか、だって私は魅力的ではないし、ただただ好きと言われる事に猜疑心を持ちます。
また、潜在的には好きだと近寄ってくる男のことをどこかで憎んでいます。
自分が認めていない自分を好きになる男のことをどこか下に見たりしてしまう。
 
そして自分が好きではないと、そんな自分を変えてくれる、どこか自分の知らない世界へ連れてってくれそうな男性惹かれます。
これがどういう男かと言うと、自分には縛り切れない自由さを持っている人、エネルギーのある人、逸脱している人、自分にぞっこんにはなってくれない人(追いかけてしまう人)などなど、、、
 
そしてヤリチン男性も心の傷を持っており、そういう女性を支配したり、振り回したり、消費したりすることで男性社会の中で認められたり、支配欲や承認欲求を満たしたりして、本書で言うところの「インチキ自己肯定」で傷を癒そうとしてしまうのです。
 
多くの恋愛が、傷を負った同士、傷を癒すために利用し合う世界なのです。
 
メンヘラ女子は傷ついています。
その傷を彼氏や配偶者に「癒してもらおう」とします。
しかし、彼氏や配偶者は自分ではない他人。
他人は自分の思い通りに動いてくれないので、その事にストレスを抱えやすくなります。
パートナーに他責的になったり、パートナーの反応に過敏に落ち込んだりです。
自分が満身創痍では人に愛など配れないのです。
 
これは構造的な問題になっているというのが本書で得た一番の学びでした。
心の傷が幼少期から成長期の生育環境でできてしまうのが怖いですね。
無傷で大人になる事は絶対ない。
この傷を癒す方法は自己受容しかないのです。
 
自己受容をして、自らの傷を癒すことで自己肯定感を貯蓄し、心が豊かになれば、人に愛を配る余裕が出てきます。
自分自身にありがとうが言えるような状態になった時、人は初めて他者へ心からのありがとうが言えるようになります。
自分が満ちていないときのありがとうは、ギブではなく等価交換以上をどうしても求めてしまいます。
私は感謝しているのにあなたはなぜ感謝してくれないの?自分が満ちていない時はそういう気持ちから逃れることができません。
 
見返りを求めないありがとうが言えるようになると、それは相手に届きやすい気持ちにになります。
受けたに人間はその愛を喜び、心に余裕がある人は気持ちを返してくれるかも知れません。
人間関係が良くなり、良い循環にはいり、その良い環境がまた癒しになります。
 
この本の面白さは後半にもあります。
文庫版にするにあたって書き足しや言葉の書き直しを行っております。
最初は自己肯定という言葉をつかっていたのを自己受容に直したみたいです。
これは、二村さんが後に心理学の本を読むことがあり、言葉が適正でないなと思ったからです。
言葉が心理学で使われている定義に揃った事でより他書との連携がとりやすくなっています。
 
二村さんもこの本執筆時は、ヤリチンである二村さんを責めてくるような女性へのお説教になるように書いたと告白してます。
なので、実は二村さんの為の実用書になっていて、二村さんも論語読みの論語知らずのようなところがあって、人にお説教しておきながら自分はできていない状態になっていました。
それを巻末の女性心療医や女性編集さんに指摘され厳しいお説教を頂いています。
それにより、自分の欺瞞に気が付き、本書の内容が特大ブーメランとなってまた自分にささるという面白い構造をしております。
← 文庫版のみの話
 
野口さんの本を読んで自己受容、自己肯定感とはどういうことかを理解した上で読み進めると本書の内容が腑に落ちます。
 
これらの話は男女間の話に限ったことではありません。
すべての人間関係に関係してくると思います。
例えば、ここまでのの話を通過した後、こちらの本を振り返る内容がより理解できます。
いわゆる女性同士の女って嫌だね!な特徴は、傷ついた人たちの行動と似ている。
この本はそういう冒頭から入るのですが、ニ村さんの本を読んだ後にこの節を振り返ると、なぜ女性たちが傷ついているのか納得できます。
傷ついているからこそ、女は嫌だね!な特性が出てしまうのです。
 
自己受容はトレーニングは誰でもできることのようです。特別な才能はいらない。
こういう情報を得て、実践する人が増えて、愛を与えられる人が増えると世の中は良くなりますね。
 
これらの書籍を通して、人間が幸せになれる方法と言うのは、宗教、哲学、心理学などが既に答えを出しており、後は実践するだけな事に気づかされます。
実践をするにあたってやり方を信じるところで現代人はつまずいているのだと思います。
 
先人の凄さと、現代人の愚かさを思いました。
 
関連図書含めぜひぜひ読んでみて下さい!
人生が変わりますよ。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

野口嘉則 作家/心理カウンセラー(@noguchiyoshinori_official)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Souun Takeda 武田双雲(@souun.takeda)がシェアした投稿

読書は読むから聴く時代ですよ!

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

【読書メモ】すべての女子はメンヘラである スイスイ

すべての女子はメンヘラである スイスイ

すべての女子はメンヘラである スイスイ



以前Twitterで知り、気になっていたスイスイさんのエッセイ。
同郷の方なので親近感を覚える。
同じ土地で同じような空気を吸ってきた方なのでしょう。
重度メンヘラ女子だったスイスイさん。
加齢や経験とともにメンヘラを克服した軌跡が描かれている。
ラスボスさんと呼んでいる元彼さん。
女性って、1人ぐらいラスボスさんのように心に住み続ける男ているもんですね。
それがいいことなのかわからないですけれど、人の人生に大きな印象と影響を与える人になるのは、忘れられちゃうよりは生きた証な気がします。
 
この本の真骨頂は後半部分のスイスイさんによる人生相談のコーナー。
これはブログCAKESで連載していたものらしく、その中の神回を選んで掲載している。
神回と呼ばれるだけあって回答がほんとに鮮やか。
わからない気持ちについては「わからないですが」断りながら、誠実に質問者の役に立ったり、寄りそえたりするような回答を紡ぎ出そうと努力される様が伝わり誠実な方だなと思いました。
 
女性は共感しきりな内容なのではないでしょうか。
個人的に気に入らなかったのは、本がテキストデーターになっておらず、アレクサアプリによるKindle読み上げ機能が使えなかったことです。
久しぶりに文字を追って本を読みました。
女性向けの本でおしゃれにデザインしたかったのだと思いますが、画像データなのでスマホで読むときに拡大したり縮小したり忙しかったです。
紙本で読むことを前提に書かれた本ですね。
 
この後僕が読む、二村ヒトシさんの、なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのかも合わせて読むとこの本の内容が深まります。
なぜすべての女子はメンヘラであるのかの説明が詳しく書かれています。

読書は読むから聴く時代ですよ!

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

【読書】池田大作 権力者の構造 溝口 敦

池田大作 権力者の構造 溝口 敦

池田大作 権力者の構造 溝口 敦

 

創価学会3代目会長池田大作氏を批判する本。
基本的には批判することを目的に書かれているので中立性はない。
悪く言うポジションに徹しているので、事実の羅列以上に池田大作氏個人へ厳しい人物評価を下している。
そういう強烈なバイアスがかかっているものとして読みました。
 
15年ほど前インターネットを中心に嫌韓ブームと言うのがあった。
その際、池田大作氏は朝鮮半島の出身であり、国籍についても朝鮮半島の国の国籍であると言う記事を読んだことがある。
僕はそれについては本当なのかなと言う立ち位置でしたが、本書に書いてある池田氏の生い立ちを読んだらやはり時代の空気でそういう言説が流れたのだと思いました。
東京大田区の海苔の生産者で、それが正しい情報なのだろうと思います。
 
前半は池田大作氏の生い立ちの部分、中盤になると創価学会の歴史から書かれている。
特に2代目会長 戸田城聖時代の創価学会については詳しく書かれており、この時代に信者による折伏勧誘活動、他宗教への厳しい排他性、聖教新聞等の出版行、今日まで続く創価学会のイメージの礎が作られる。
 
後半は、3代目会長をかけた権力闘争について描かれている。
最有力候補ではなかった池田氏が会長に就任できたのはいくつか理由があるでしょうが、やはりお金の力と言うのは大きそうでした。
それぐらい、組織の中でお金に関わるポストについてるのはこういう権力闘争の場で有利に働くのでしょう。
 
公明党立ち上げも描かれていた。
当初の政治目的等は国立戒壇といって創価学会を国家主教にすることが目的だった。
その後政教分離の議論などが内部であり、国立戒壇については表立った政治目的から外れる。
なんだかんだ言って、現在では政権与党なのがすごいなと思わされました。
 
終盤は昭和40年代後半のマスコミによる池田大作バッシングのところまで描かれている。
本書によれば、この騒動で池田氏は求心力を失っており、組織ぐるみで行っていた折伏勧誘活動も、組織としては禁止せざるを得なかった様が描かれており、拡大循環の原動力となっていた折伏活動が絶たれたことにより、世間で思われているよりは縮小している組織なのかなと言う印象を抱いた。
 
現在でも、池田大作氏は絶対権力者のような印象を外部から抱かれているが、そのような時代は長く続いたものではなく、昭和50年代に入るとその絶対権力は維持できない状態にまでなっていたのだと言う。
おそらく、創価学会と言う大きな組織を維持するのに象徴として大権力者のようなポジションにおいてはいるが、その権力については剥奪されたような状態なのだなというのが読んでて意外でした。
 
今年の盆、親類が1人家まで遊びに来た。
彼は親が創価学会員で彼自身も創価学会員。
自分で選んだ宗派ではなく親から継承された宗教。
彼の心と信仰との間にどんな距離が存在するのかと言うことが以前よりずっと気になっていた。
お墓参りの道中、2人でゆっくり話ができる時間が取れたのでその辺のことを聞いてみた。
信仰の部分で共感し実践しているものもあるが、盲目的に信じているわけでもない。
そして青年部の集まりなどにはいろんな複雑な思いを抱きながら参加しているそうだ。
 
彼の心情を理解したり、むやみに僕に折伏活動をしてこないなどの理由が本書を読むことで少し理解の助けになりました。
 
完全なる批判ポジションの本ではありますが、書いている歴史の部分などはおそらくソースの下に書いているでしょう。
それを読むにつれ、世間で思われているイメージとは意外と違う部分があるのだなと感じました。
 
また1つ理解が深まり面白かったです。
 

読書は読むから聴く時代ですよ!

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

【読書メモ】人間の性はなぜ奇妙に進化したのか ジャレド・ダイアモンド

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか ジャレド・ダイアモンド

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか ジャレド・ダイアモンド



人類の歴史と進化について研究執筆をしているジャレドダイヤモンド博士。
今回のテーマは、人間の最もプリミティブな部分セックスについてのお話。
 
人間のセックスと言うのはいかに他の動物からかけ離れているかを紹介している。
またその他の動物とかけ離れた特徴にはどういう意味があるのかと言うことを解き明かしていくと言う内容。
 
例えば、ほとんどの動物は、性交するときにみんなに見えるところで行うが、人目を気にし隠れてするのは人間だけ。
 
ほとんどの動物は、メスの発情期、妊娠可能な時期がわかるようになっているが、人間についてはそれが隠されている。
 
オスは生涯妊娠可能な能力を備えているが、メスだけ40代から50代に閉経して妊娠ができなくなると言う仕組みを備えている。
 
一番印象に残ってしまったのは、人間のペニスはなぜ無駄に大きいか。
ゴリラの勃起時のペニスは3センチ、オラウータンで4センチ。
 
くだらない豆知識が増えてしまいました。
 
男はなぜ狩りをするのかの章も面白かった。
結論から言うと、彼の能力を誇示して遠方に行くことによって他の集落の女と浮気をするためと言う説。
 
現在でも収入を増やすことにステータスが置かれ、高級車などで自分を誇示するみたいなのは見られている。
 
こういった謎に対する回答も、研究によって日々アップデートされているが、そういった1つ1つの特徴に対してそれぞれの理由が存在するのは面白かった。
 
社会がどんどん変化して、特に男と女の権利は平等に向かっているが、長い進化の中で、男に備わった特徴、女に備わった特徴と言うのがどうしても存在してしまうのだと本書を読むと思わされる。
 

読書は読むから聴く時代ですよ!

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。

 

 

 

【読書メモ】時間は存在しない カルロ・ロヴェッリ

時間は存在しない カルロ・ロヴェッリ

時間は存在しない カルロ・ロヴェッリ



読んでみたけど詳細はさっぱり何を言っているのかわからなかった。
でも大枠だけはぼんやりわかった!
この本の内容をやさしく解説した話を聞いてみたいですよね。
 
内容的にはすごいことが書いてあると思う。
 
ざっくり言うと、時間と言うものは存在しておらず存在するのは現在だけ!
過去も未来もない可能性が高い。
そして僕らが生きているこの現実は、脳が生み出している幻覚。
 
痴呆症の人、統合失調症の人、彼らの見ているせん妄と、我々が見て認知している現実に大きな違いは無い。
 
これは本の中では触れてなかったが、現実が我々の脳を生み出す幻想であるなら、引き寄せの法則も成り立つような気がする。
 
強く願った事は現実化するのだ!
妄想なので。
 
過去も未来も存在せず、現在しか存在しない。
これは不思議とマインドフルネスや仏教の考え方と類似している。
偶然なんだとは思うけど面白い。
 
過去に起きた嫌な出来事も、本当に起きたかどうかて言うのは怪しいのですね。
そうであるなら都合よい解釈つけてより良い幻を見ていくようにしていった方が幸せだなと思いました。
 

読書は読むから聴く時代ですよ!

本書も、アレクサアプリを使って隙間時間にながらで読み切りました。

超おススメの読書方法を紹介したこちらの記事も是非ご覧下さい。

books.richardh.work

この方法もいいですし、Audioブックもプロ俳優さんの読み上げでなかなかいいですよ。

 

そして、サブスクで本が読める読書好きなら絶対お得なKindle Unlimitedも是非利用してみて下さい。

 Kindle Unlimitedはいいサービスですよ。

最近人によっては20冊まで借りることができるみたいです。

僕もアップデートで20冊借りれるようになってました。

凄く使いやすくなった。